今さらながらSSI(Server Side Include)を体験

WPなどを使用しているとヘッダ、フッターと別ファイルなので意識しないが静的ファイルでサイトを作成するときはDWではテンプレを作成してファイルの共通部分を固定化しております。

ちょっと他の案件でファイル貰ったらssiを利用しておりました。
やってることはWPとかと同じだけど、静的なhtmlなのに同じようなincludeファイルができるんですね。

shtmlなどに拡張子を変える必要があるみたいなのだけども、htaccess内に「AddHandler server-parsed .html」を追記すればhtmlでも問題無くincludeしてくれる模様

ロリポップサーバー
X-serve
で確認ずみ。

ロリポップではサーバーのセキュリティ的に該当ファイルまでは「実行ファイルまでのパスを絶対パス(フルパス)で指定すると動作出来ません。」とのこと。

<!--#include virtual=/*****/????.html -->

的な。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です