shogo のすべての投稿

svgがどうやってもIE11でレスポンシブにならないで余白ばっかり増えちゃうよ

imgタグでsvgを設置。
width =”希望の幅”
height=”auto”

基本はこれでOK
でもIE11だと小さかったり大きかったり。

zeplinで書き出したサイズのせいなのかなと思いPC版のサイズで書き出し直し。

なおる

だが、別の箇所で使っているときに結局サイズ感がおかしい

width heightともに数値で設定してもおかしい。

そんなときはsvgをエディタで開いてみてviewboxの値があるかチェックするといいのかも。

とりあえずsvg内のwidth heightと合わせて
viewbox=”0 0 widthの値 heightの値”でやってみたらレスポンシブに対応できた。

よーわからん

背景画像やグラデーションを簡単に文字でマスクできる

とあるサイトをみて初めて知りました。

利用するCSSは

・-webkit-background-clip:text; // これ設定しないとただ単に背景に画像やグラデがはいるだけ。
・-webkit-text-fill-color:transparent; //枠線も透明にしちゃう
・display :inline-block; // blockのままだと全体幅をみちゃう?

 

まみむめもまみむめもまみむめも

AtomでEJSファイルをいじっているときにEmmetが.hogeをclassName=”hoge”にしやがる

ある日から急に.hogeを変換するとclassName=”hoge”となるようになってしまった。

なんかのプラグインのせいなのかと停止してみたりしたけどよくわからず。

なので以下を参考にsnipets.jsonをいじる
https://github.com/emmetio/emmet-atom/issues/459

"jsx": {
    "filters": "ejs",
    "extends": "html",
    "profile": "xml"
}

こうしたらなおった

結局使うことになるImagemap

レイアウトがこだわりすぎた要素に対して、こだわりすぎたリンクを設置するときにはどうしてもつかうことになる。

今回お世話になったサイト。

◆Imagemapを生成してくれるサイト
https://www.image-map.net/

◆ImagemapにHoverの能力をつけるプラグインの説明サイト
https://cror.net/jquery/jquery-maphilight.html
見てる最中にサイトが落ちちゃった

◆レスポンシブ対応させるプラグインの説明サイト

イメージマップのあのめんどくさい座標マッピングをやってくれる超便利なジェネレータ

colorboxでmodalが開くときに画面幅より一度大きい状態からフィットする現象

サイトのつくりの影響かもしれないが、画面を大幅に超える大きさで表示された後にぴったりとアニメーションで調整される現象がおこった。

 $(".inline").colorbox({
inline:true,
width:"90%",
maxWidth:1020,
rel:'group',
closeButton:false
});

スマホのときは画面幅の90%でPCなどの時は1020くらいを最大にしてよっていう書き方、

色々微調整してもうまくいかなかったので、以下のように逃げました。

$(".inline").colorbox({
inline:true,
maxWidth:"90%",
rel:'group',
closeButton:false
});
.modal-content {
  max-width: 1020px;
}

とりあえずこれで回避。
原因はなんだったのだろうか。