カテゴリー別アーカイブ: Mac

BacklogのGit管理をsourcetreeでやっていたけど謎のエラー(mac)

基本的にはwindowsのsourcetreeで管理をしていて、問題なく動いていたが、出先でもファイルアップなど行う必要があるので先日macにもsourcetreeをインストール。

リポジトリとかはちゃんと認識して、コミットまではできるんだけどなぜかPushもPullもできなかった。

エラー文言は
「remote: Authorization required source tree」これ系のテキストがずらら〜っと。

認証が通っていないのかと思ったけどそういうわけでも無さそうな感じだったのでgoogle先生に伺ったら以下のように。
http://qa.atmarkit.co.jp/q/9346

とりあえず真似をさせていただいて、アンインストールからの再インストール

無事push完了

こっち系よくわからないからなんとなくなまま進み続けてしまう。。

MacBookのOSをmavericksからEl Capitanに変えてみている クリーンインストール!!

EverNoteが有料がすることに伴いOneNoteを利用しはじめたのだが、marvericsだとOSのバージョン古いから使えないとご指摘が。。

悲しかったけど、チャンスということでPCの掃除の意味も含めアップデート!!
El Capitanは基本無料なので助かりました。

インストールする前にデータ系は避難。基本的にNASとDropboxを利用。写真もMacで管理していないので楽ちん。

使ったことのないTimeMachineなるアイテムを初めて利用してみた。
外付けのHDDを一つMAC専用にする必要があるけど使っていないものがあったので設定。
100GB程度のデータで3時間ほどでした。
毎日バックアップしてる人はもっと早いよね。

ちゃんと調べた事無かったんだけどTimeMachineは
直近24時間は1時間ごとに保存
直近1カ月は1日(24時間)ごとに保存
過去の全てを1カ月ごとに保存

後はHDDの容量次第で古いものから削除されていくらしい。

個人的にはそんなにBackup取らなくていいし、そんなんしたところでどこまで戻せばいいのかよくわからんからTimeMachineはクリーンインストールのたんびに起動する程度かな。

バックアップが終わったらEl CapitanをDLしてアップデート。
クリーンインストールするにしても一度アップデートしないといけないらしい。

でアップデートしたら再起動。ジャーンって鳴ったらCmd+Rでタスクマネージャみたいなの起動させて
HDDの初期化。その辺は参考サイトがいっぱい。

で、ここからTimeMachineでアプリとか設定とか戻そうと思ったけど、なんかあんまりうまくいかなくて全て手動でインストしていった。
まぁ無駄な設定とか残っていたのでちょうどいいかもしれない。